住宅ローン破産 対策 口コミ評価評判検証|投資顧問株情報サイト評価検証を行うために口コミ等の情報を集めるサイトは口コミ株予想.net

住宅ローン破産】対策は?

住宅ローン借り換えをはかる


もし自分に「住宅ローン」による「老後破産」という状況に直面したら、
速やかに「住宅ローンの借り換え」を調べることです。

経済バブル期に「住宅ローン金利」は非常に高い「固定金利」で
最盛期は8%を超える金利の時もありましたので注意が必要です。

住宅ローン」の借り換えには1つ問題があります。
団信(団体信用生命保険)に契約が通らないと借り換えは出来ないのです。

新規で団信に加入をしなければなりませんので、現在の健康面が鍵となります。
病気で通院とかしていたら、非常に困難になってくるかもしれません。

高齢になれば何かしらの病気を抱える事もあるでしょう。 団体信用生命保険が利用できなくなれば、 老後破産」の危機も加速をします。

固定型金利もリスクのある方法で、10年後20年後の状況など誰もが知る由もないのです。 もし給料以外の収入があれば変わっていたかもしれません。

株式投資不動産投資なども収入を得る、有効な方法の一つでもあります。

年金に変わる「永続的な収入」を実現させる必要がある

低金利の住宅ローン」が最近では主流となっております。

「結局ローンかよ」って思う人かもしれませんが、

経済バブル期の高金利から、「低金利の住宅ローン」に借り換えすることで

老後破産」を免れることが出来る人もいるのです。

年金受給者の場合は民間の金融機関での借り換えは困難ですが、

「フラット35」という「低金利ローン」は年金受給者でも借り換えが可能なサービスになっております。
年金が永続的な収入として認められているから可能な方法といえます。

たしかに、年金がもらえれば解決するかもしれませんが・・・・。


年金を充てにしている人がいるのでしょうか?

充てにしていいのでしょうか?

年金での永続的な収入があるのでしょうか?


年金に変わる「永続的な収入」を
実現させる必要があるようです。

借り換え以外の方法は根本的解決になるか

住宅ローンの残債が250万円以下ならば「年金担保融資」という方法もあります。
年金担保融資」の上限は250万円となっていますので望みはあります。

折角の年金も担保に消えてしまいますがね…。

親子間売買を行い、住宅ローン借り換えをするとうい手もありますが、
金融機関の銀行側では嫌がる手法なので、手続きは困難になるでしょう。

また、子供から一定額以上の資金援助を親にすると「贈与税」の対象となりますので
金額によっては厳しくなります。

住宅ローン」の借り換えは可能な手段ではありますが、
手続き進めるにも色々と条件があり、簡単にはいかないのも事実です。

このような状況が現在の「住宅ローン」の状況でもありますが
住宅ローンが悪いのではなく、
リスクを理解をしないで高額なローンを組むのが悪いのです。

根本的な解決を見つけるのは困難です。

住宅は人生でも高額な購入ですから、
今すぐ購入するといっても難しいでしょうし、
高額な住宅ローンにすれば、老後破綻」のリスクも高まります。

リスクを理解して行動をするのであれば、
株式での投資などを取り入れるのもいいでしょう。

返せなくなったら、すぐに専門家に相談を


住宅ローンの返済ができない場合は、直ちに専門家に相談をする。

ローン返済が滞納6か月を超えると、事故扱いになり住宅を競売にかけられてしまい

自分ではどうしようもなくなります。

事前に相談をすれば「任意売却」などの傷の浅い解決方法が見つけられます。

近年では「任意売却」で投資家に買ってもらって住み続けながら、

お金の準備ができたら買い戻すという「不動産投資」を利用することも可能です。

また、別な方法で返済期間を延ばした場合は危険です。

たとえば、
90歳で完済計画に変更できたケースは、単純に問題を先送りにしただけです。
60・70歳で返済ができないのに、90歳で完済できるのでしょうか?

考える必要もない「人生の破綻が確定」です。

ローン返済ができなくなったら、まずは専門家に相談です。

●金融機関に相談をして返済期間を延長するか
●手放すつもりで「任意売却」をするか   
●投資家に「任意売却」をして住み続けるか 

どれも残念な末路ではありますがローン返済ができないのですから諦めるしかないです。

ローンで借りる前に収入改善も必要!?

現在の社会は、年収が高いだけでは駄目なのです。
お金を「貯める力」がない人が、これから淘汰されていくのです。

ここが重要なポイントですが、
年収の高さとお金を貯める力は、まったく関係ありません。

お金を貯めるために、お金を増やす力を付けている人がこれから生きていけるのです。

では、「お金を増やすためには?」
真っ先に思いつくのが、「投資」や「」なのですが、

[お金を増やす=投資]ではありません。

まずは収入とのバランスを整えることが大事です。
自分の収入額にたいして、支出額がいくらなのか?
家賃や保険料、カードローンや飲み代等のお小遣い、食材や洋服、レジャーや旅行
知らない間にどんどんお金が消えていっていませんか?
どれぐらい1ヶ月で使っているか計算してみましょう。

お金を貯める方法は単純です。
収入 > 支出 ⇒が答えです。
小学校低学年レベルの算数です。
お金が残るので、お金が貯まります。
難しく考えないで、誰でもプラスにすれば、お金は増えます。
支出が多くてマイナスの人や満足できてない人もいるでしょう。

大丈夫です。問題はございません。
現状の収入に対して把握ができたのですから。

どうしても
「マイナス」や「満足できていない」のならば、本業以外の収入源を持ちましょう。
収入源が増えて「マイナス」から脱出をする道順は次の3 STEP

STEP 1:収入に対しての支出を現状把握
STEP 2:無駄な支出を無くす     
STEP 3:資産運用を堅実に行う    

まずは、[STEP 1][STEP 2]ができれば、お金を増やす準備は整いました。

あとは、「株式投資」で本業以外の収入源をつくりましょう。
当然、投資にもリスクははありますが、株式投資や投資に助言をくれるサイトもあります。 参考に確認をしてみることをお勧めいたします。

口コミ株予想.netで注目を集めている投資顧問株情報サイト

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想.net All Rights Reserved.