住宅ローン破産 リスク 口コミ評価評判検証|投資顧問株情報サイト評価検証を行うために口コミ等の情報を集めるサイトは口コミ株予想.net

住宅ローン破産】リスクが大きい人

若い人がローン破綻の予備軍化?


ここ近年に新居を構える若い世代が増えてきて、
明らかに以前と変わってきている。

今までは、「ボロ家」を連想する住居で、
外見からも金銭的に苦労をしている判断がしやすかったが、

現在、個人差はあるが外見上からは金銭的な苦労は感じられず、
家の車庫には高級車がおいてあるという

環境の若い世代が増えている。

このような環境の若い人がローン破綻の予備軍化」している。

不動産業界の知人の話に

現在の20代は「頭金」も無しに、
諸費用まで住宅ローンを組んで新築住宅を購入するのだろうと
数年先を考えると「リスク」があることに気が付いていないのだろうかと
話していた。

確かに、家賃くらいの支払いで新居は購入できるようになったが、
家を購入すれば、
固定資産税」「家屋の修理代や維持費」「水道光熱費の増加」などなど
多数問題をかかえることにもなり家計を圧迫することにもなる。

日本の住宅ローン制度が若年世代に影響?

住宅ローン制度は、欧米とは違い日本では、
日本の住宅ローン制度は「借り手責任」のみが問われ、 「住宅ローン破産」になると難しい状況に陥る制度になっています。

住宅の価値が下がっても金融機関に影響は無く、「住宅ローン」は最後まで返済するしかないのです。
返済ができなければ「自己破産」する以外は「住宅ローン」を取り消すことはできないでしょう。

何故?住宅の価値が影響をしないのか?というと、

金融機関は「借り手」の収入や勤務先から、返済能力を査定をして融資する仕組みなので、 住宅価格を査定して融資を行う仕組みではないからです。

アメリカで、「サブプライムローン」が話題になり「アメリカの住宅ローン制度」が 有限責任であることを知った人もいるでしょう。

ノンリコースローン」は住宅を手放せば「住宅ローン」は金融機関が支払いをしてくれますので、 「貸し手」の金融機関に住宅価格の査定能力が必要になります。

日本の「貸し手」金融機関は住宅価格の査定能力は必要がないのです。 必要であれば、「中古住宅市場」も発展していたかもしれません。

有限責任の「ノンリコースローン」でも、信用は無くなるので生活に支障はあるのです。

ただ日本の住宅ローン制度ですと、
住宅ローンが支払い出来ない⇒家庭崩壊⇒自殺
といった場合もありますよね。

また、過去に高い金利の固定型住宅ローンを「住宅金融公庫」から融資を受けた中高年層は 所得再審査で低金利で借り換えする事もできない。

さらに破綻に拍車を掛ける結果につながるのが
特別賞与払い(ボーナス払い)が落とし穴で、 ボーナスが永久的に貰える事が前提であるが故に、ボーナスが無くなれば負担は倍増するのです。

このような理由などで「住宅ローン破綻予備軍」が増加しています。


特別賞与(ボーナス)に代わる収入=株式投資などがあれば状況も大きく変化させることもできるでしょう。

ノンリコースローン」の仕組みそのものが認知されていないのは、
調べない側の責任も当然あるのだが、報道するされない・・・。

そこには、業者・官僚・政治・広告メディア等の既得権益を守る構図があるのかもしれませんね。

プライドの高い層も破綻の予備軍?

住宅ローン破綻」になった人達の中で多かったのが、
大手企業勤務で年収が約1,000万円くらいで「プライドが高い」という人達でした。

「プライドをくすぐられ、支払い能力を超えた高額なものを購入してしまった」
といったものだった。

プライドが邪魔をして、堅実的な判断が出来なかった人達が悪いのですが、
ここで気を付ける部分は、「身の丈にあった物差し」が必要だという事です。

無理をして自らリスクを背負う人もいれば、
営業とかに踊らされて知らず知らずリスクを背負う人もいるのです。

プライドに任せて自滅されている方は「破綻予備軍」というよりも確定しています。 また、知らず知らずリスクを背負う人も「破綻予備軍」なので注意が必要です。


「【住宅ローン破産】 原因は?」へ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想.net All Rights Reserved.