株初心者向けコラム 口コミ評価評判検証|投資顧問株情報サイト評価検証を行うために口コミ等の情報を集めるサイトは口コミ株予想.net

口コミ株予想.net  株予想コラム

株初心者向けコラム

株式とは



株式とは、株式会社が設立される際に発行されます。
その後、発行数を増やすことも可能です。

では、そもそもなぜ株式が発行されるのか。

簡潔に言えば、
会社が活動していくのに必要な資金を集めるためです。

株式会社は、株式を発行し、資金を集め事業を行い利益をあげること
を目的とした会社です。

そして、株式を購入した方は、株主と呼ばれます。

ページトップへ戻る

株式の魅力



株式投資の最大の魅力は、株価が変動した際に得られる「差益」です。
また、
その差益が得られるまで保持することができ、
損を先延ばしすることができる性質を持ちます。

例えば、
1株を100円で買った株が200円になった場合は100円の利益になります。

一方で、
1株100円で買った株が90円になり、その時点では10円の損失になりますが、
売却せず保持することにより、利益が出るまで待つことができます。

つまり、「挽回」ができることも魅力です。

ページトップへ戻る

株式投資の心構え



株式投資の心構え」や「はじめる前に知っておくべきこと」という題目で、
一般的に下記のことが言われています。

余裕資金で投資すること
元本保証ではないこと
自己責任
確実な情報を得ること

さらに詳しく、
株式投資を始める前も始めた後も、忘れず意識して欲しいことを記載します。

ページトップへ戻る

目的意識をもつこと



目的意識を持つことは、
株式投資をなぜ始め、得た利益をどのように使うのか、ということです。

今100万円程、
自由に使うお金があり、銀行に預けておくだけではつまらないから、
とりあえず倍の200万円を目指してやってみる。
30年後の老後の為に、1億円を作るから毎月10万円からはじめてみる。

株式投資は、ギャンブルでも博打でもありませんが、
とりあえず資金があるから儲かっても儲からなくても構わないから、
やってみたいという目的でも構いません。

一つの目的を決めることにより、いくらを株式投資によりお金を作るのか、
どれくらいの期間で行うのか、お金との付き合い方がはっきりとしてきます。
また、
これは自分の無駄な支出などを見直すいい機会にもなるでしょう。
目的は何でも構いません。

しかし、一度しっかり目的を考えて決定し、その目的を果たすまでは変更しないことが、非常に重要です。

結果、
急な相場の変動にも動揺することなく、無理にお金を追加していくことなく、
お金と真剣に向き合うことにより、投資の成功確率が上がると考えられます。

ページトップへ戻る

余剰金で投資すること



まず、預金残高を確認しましょう。

最低3ヶ月は家賃や食費、その他の生活資金を確保していること、
そしてそれでもまだ現時点で、または毎月余るお金があることを計算して、
そのお金を株式投資に回しましょう。

絶対に生活資金には絶対手を出さないというルールを守りましょう。
そのルールを守ることにより、株式投資に失敗しても、冷静に考えられることができ、その失敗を糧にして再度挑戦することが可能です。

ページトップへ戻る

リスク分散



リスク分散とは、株式をはじめとする様々な金融商品に資産を回すことで、
全体的のリスクを軽減することです。

金融商品には様々な種類があります。
FX債権投資信託不動産保険預金
金融商品の一つです。

簡単にリスク分散を行うためには、
株式投資と預金のバランスを意識することです。

また株式投資の中でも、1銘柄に100%の資金を投資するのではなく、
数銘柄、業種や業態もある程度偏りを作らないように、株式銘柄を分散して
投資を行うことがバランスをとることになり、リスク分散へとつながります。

ページトップへ戻る

損切りのルールを決めておく



損切りとは、損になっている商品、株式投資であれば銘柄
一定水準になったら売り払うことです。

そのルールは人それぞれですが、これから株式投資を始める方は、
-5%~-10%に損を切るタイミング
をあらかじめ設定して行われてはいかがでしょうか。

投資をはじめ、人間は自分の損を認めることは非常に難しいです。
ですから、負けじとプラスになるまで無計画にお金をさらに投資し、
悲惨な結果を招く場合が多くあります。

しかし、
あらかじめ損切りのルールを決めておくことにより、そうなった場合でも冷静に判断できると考えられます。
損をすることは誰しもが嫌うものであり、実際に損をしている場合は、損切りの判断を行うことは、投資金額にかかわらず難しいものです。

しかし、

その後大きな損を回避し、学び、再挑戦するために非常に重要です。

ページトップへ戻る

自分で知っているものに投資する



金融商品はもちろん、
株式投資において投資対象となる銘柄は非常多くあります。

その中で、どのような銘柄を選ぶか。

分析方法はさまざまですが、
はじめに投資すべきは自分が知っている
業界、業種、銘柄の中から選ぶ
ことをお勧めします。

株式とは、会社の業績をはじめそのものを反映しています。

たとえば、
ゲームが好きな方は好きなゲームを開発している、
または販売押している株式に投資する、
美容品に興味があるかたは、その関連する株式に投資するなど、

その会社のその製品やサービスに詳しければ、
必然と興味を持ち、情報を取得する意識も強くなります。


株予想コラム TOPページ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想.net All Rights Reserved.