投資顧問 「仏大統領選挙」第1回投票が実施|投資顧問株情報サイト投資助言口コミ評価評判検証を行うために口コミを集めるサイトは、口コミ株予想.net

口コミ株予想.net  株予想コラム

「仏大統領選挙」第1回投票が実施

4月23日に「仏大統領選挙」第1回投票が行われた。

各種メディアによると、選挙の結果、
無所属のマクロン前経済相と極右政党・国民戦線のルペン党首の2人が、
5月7日に行われる決選投票に進出する見通しとなった。
(フィヨン氏は3位、メランション氏は4位)

決選投票では、欧州連合(EU)との関係や移民問題などをめぐり、
立場や考え大きく異なる両候補が激しい選挙戦を繰り広げることになるだろう。

23日に実施された「フランス大統領選挙」の第1回投票は、
中道系候補のマクロン元経済産業デジタル相が1位、
極右政党・国民戦線のルペン党首が2位となった。

両候補とも今回の選挙では過半数を獲得できなかった為、
両候補はが5月7日の決選投票に進む。

選挙は事前の予想どおりの接戦となったが、仏内務省によると、
得票率(97%の開票時点)では、

・1位のマクロン氏が23.86%
・2位のルペン氏が21.43%
・3位の中道右派・共和党のフィヨン氏が19.94%
・4位の急進左派・左翼党のメランション氏が19.62%となった。

今回仏で行われた世論調査(Ipsos、23日実施)によると、
決選投票ではマクロン氏の支持率が62%、ルペン氏が38%と、
マクロン氏が勝利する予想となっている。

また、第1回投票で3位に終わったフィヨン氏は23日、
大統領選の敗北を認めた上で、マクロン氏の支持を表明した。
そして5位の社会党のアモン前国民教育相もマクロン氏に投票する意向を示した。

5月7日に行われる決選投票を控え、
仏では大規模なテロ発生などによる支持率の変化には注意が必要と見られるが、
市場が恐れるルペン大統領誕生は回避される見通しだ。



口コミ株予想コラム TOPページ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想.net All Rights Reserved.