投資顧問 物の値上げによる消費者物価の上昇|投資顧問株情報サイト投資助言口コミ評価評判検証を行うために口コミを集めるサイトは、口コミ株予想.net

口コミ株予想.net  株予想コラム

2月24日は「プレミアムフライデー」

今月から実施がされる「プレミアムフライデー」。
個人が幸せや楽しさを感じられることを体験できるようにした、
新たな政府と経済界による取り組みだ。

具体的には、毎月末の金曜日を午後3時退社とし、
早く退社した分の時間を様々な消費活動などに充ててもらい、
日常よりも少し豊かな時間を過ごしてもらおうという考えだ。
2月24日が記念すべき「プレミアムフライデー」の初日となる。

給料日後の月末金曜日には平均消費額が高くなる傾向が統計上取れているため、
ライフスタイルの変革とデフレ的傾向の変化に繋がることを期待する。

ちなみに経済産業省では「プレミアムフライデー」のロゴマークを作成し、
2月2日現在では1,000社以上の企業・団体が使用申請をしているようだ。

今現在の具体的な取り組み案としては、
旅行ツアーやホテル宿泊プラン、レストランの特別コースなど
多方面での発表が多くされている。
今後は小売店やテーマパークやレジャー施設などで、
様々な「プレミアムフライデー」のイベントが開催予定となる。

過去にも消費活動活性化へ促す取り組みを起こしてきた。
例えば2000年には国民の祝日の一部を月曜日に移動させ、
「ハッピーマンデー」制度を誕生させた。

昨年11月に至ってはブラックフライデー (米国で毎年11月第4木曜日の翌日、11月第4金曜日を指す名称であり、米国における年末商戦の初日) を見本とし、
日本でもイオンやトイザらス、GAPといった企業がセールの導入をさせた。

「プレミアムフライデー」はこれらに続くものとして、
消費の活性化に繋がるかが注目されている。
一方で懸念されている内容が、業務時間の短縮によって、
他の曜日へ業務負担が発生するのではないかという声だ。

この懸念を逆にとらえ、
問題視されている長時間労働の是正と働き方改革、及び
「プレミアムフライデー」の浸透により、生活の質の向上が期待される。


口コミ株予想コラム TOPページ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想.net All Rights Reserved.