投資顧問 2016年「今年の漢字」は?|投資顧問株情報サイト投資助言口コミ評価評判検証を行うために口コミを集めるサイトは、口コミ株予想.net

口コミ株予想.net  株予想コラム

2016年「今年の漢字」は?

漢字の日にあたる12月12日、京都の清水寺で「今年の漢字」が発表された。
「今年の漢字」は日本漢字能力検定協会が全国から募集する。

1995年から開始した今イベントは、今年で22回目。もはや年末の風物詩として定着した。
ちなみに直近の漢字は、2013年は『輪』、2014年は『税』、2015年は『安』であった。

そして2016年の「今年の漢字」は『金』で決まった。

2000年、2012年に続き3回目の『金』。
リオ五輪で日本人が金メダルラッシュを獲得したことが記憶に残り、
感動と興奮に包まれたと、153,562票の内6,655票を獲得。

この他の理由としては、政治資金問題の舛添氏や、築地市場の豊洲移転問題など、
政治に左右をされる『金』の問題浮上があった。

また少数派の理由としては、
・スポーツ界の『金』字塔(イチロー選手や伊調馨選手)
・衣装が『金』色(世界的に大ヒットしたPPAPことピコ太郎さんを指した)

などが挙げられた。

2位は『選』、3位は『変』であった。

2位の『選』については、

・米大統領『選』挙
・英国のEU離脱『選』択、
・東京都知事『選』挙、
・18歳『選』挙権の導入後、初の国政『選』挙実施

といった、選挙に関する票理由が相次いだことから4,723票を獲得。

3位の『変』については、

ドナルドトランプ氏当選といった、世界情勢の『変』化
・株価の激しい『変』動
・熊本、鳥取地震や東北、北海道での大雨など、天『変』地異

といった理由から4,619票を獲得。
ちなみに『変』は2008年の「今年の漢字」でもあった。


過去の傾向からも「今年の漢字」には年末の景況感に比例すると見られる。

2016年は明るいイメージの『金』が選ばれ、
景気や人々の心理が明るいことを指している。

2017年はトランプ氏の新政権の始動や、英国のEU離脱通知の他、
欧州主要各国で選挙が予定されるなど、海外における政治や経済に
大きな変化が起こる可能性を十分に秘めている。

願わくば2017年の「今年の漢字」も、明るい漢字が選ばれることを思いたい。


口コミ株予想コラム TOPページ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想.net All Rights Reserved.