投資顧問 利上げ、そして2つの会合|投資顧問株情報サイト投資助言口コミ評価評判検証を行うために口コミを集めるサイトは、口コミ株予想.net

口コミ株予想.net  株予想コラム

利上げ、そして2つの会合

8月末に開かれたジャクソンホール会合
アメリカの政策金利引き上げの観測が広がったことにより、
円安株高の方向に動いた。

ドル円は8月に99円台をついていたが、
9月に入ってからは104円台まで円安となった。
日経平均も9月5日に1万7156円と、約800円程上昇し、
TOPIXと共に三角持ち合いを上に放れた。

ここまでは利上げ後の素直な動きだったが、
その後ドル円が104円台から101円台まで一転し、
急激な円高へとブレ、再度崩れた。

株価は打撃を受ける程の大きな崩れとはなっていないが、
急激に円高へとブレた動向を確認すると
まだまだ市場の不安定さが伺え、
安心出来る状況ではないことを示唆している。

9月は日銀の金融政策決定会合とアメリカのFOMCが重なる。
日銀は、黒田総裁が追加緩和策として
マイナス金利の拡大を検討する考えを示唆した。

マイナス金利評判は良くはないが、
悪影響や副作用を認めつつも、
更にマイナス金利の拡大は十分に可能という考えだ。

7月の金融政策決定会合ETFの買い入れを大幅に拡大したが、
大胆な踏み込みで株価や為替相場に
大きな印象を与える事が出来るかどうか。

更に、FOMCと同タイミングの会合であるだけに、
賭け要素も強い気がする。
結果として日経平均TOPIX三角持ち合いを上に放れたわけだが、
一転して急激な円高にブレているのは何とも不思議である。


口コミ株予想コラム TOPページ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想.net All Rights Reserved.